乳がんぴあサポートカフェセッションのご案内

おしゃべり4 カフェセッション

こんにちは、naocoです。

秋オープンを目途に乳がん経験者の方々を中心に、HSPの方々にもお勧めの

・アロマ教室

・服を着たまま行えるアロマハンドトリートメント+レイキヒーリング

・乳がん(リハビリ)ヨガ、ヒーリングヨガ

・乳がん、HSPぴあサポートセッション

を女性限定、完全プライベートで行えるサロンを千葉県船橋市にオープン予定です。

それに先駆け千葉県船橋市において、乳がんの方々のお話を傾聴させて頂く

ぴあサポートセッションを市内カフェにてスタートさせたいと思います。

スポンサーリンク

乳がんぴあサポートセッションへの思い

私が乳がんに罹患した時、まず思った事は「誰にも会いたくない」「誰とも話したくな
い」でした。
誰のどんな言葉もきちんと受け止める自信が無かったからです。親切や心配で言って下さ
るであろう言葉を「あなたはがんになったことがないから、そんなことが言えるのよ。」
などというお門違いな悪魔のささやきが自分の中に芽生えてしまうのが何よりも嫌だった
のです。
そんな風に心まで黒い影に侵されるくらいなら、一人引きこもり誰とも話さず淡々と治療
を受けた方がマシだと思いました。

しかし、術前化学療法で同病の方々と抗がん剤を受けながら、病気の愚痴や不安を織り交
ぜながら少しずつ会話していく内に、がんへの受け止めも変わり始めていきました。
そして思った事が、元気に過ごしていらっしゃるがんサバイバーの方にお会いして、お話
を伺ってみたいということでした。

病院の先生には病気以外の事は聞きづらいし、心療内科などでカウンセラーさんにとい
うのも、毎日のように病院に通っている身で更に病院通いを増やしたくないという思いが
ありました。またボランティアや患者会なども考えましたが、混み合っていたことと、逆
に無料でお話を聞いて頂くことに敷居を高く感じました。

結局運よく私の通っている病院の看護師さんが、同じ執刀医から10年前に手術を受けた
先輩サバイバーでたまたま年齢も近く気も合った為、一度だけお休みの日にカフェで会っ
て話を聞いて頂きました。たったのその一度きりでしたが、別れ際に「本当に幸せでし
た」という言葉が口をついて出るほど、心が救われる思いがしました。

もし自分が元気で生き延びることが出来ていたら、今度は聞き役に回ることが、恩返しは
出来ずとも恩送りになると思いました。
がん告知から丸5年が経とうとしている今、やっとその思いを実現出来るほど心身ともに
元気になりました。

実はHSP気質ですから初対面の方とお話しするのは緊張しますが(笑)、そこは不思議な
同病者特有の仲間意識がフォローしてくれることでしょう。

ご家族を心配させたくない、友達をびっくりさせたくない、ウイッグで人に会いたくな
い、と様々な思いから不安を押し込めて一人で病と向き合っておられる方がほとんどだ
と思います。
どうぞひと時、同病者どうし隠し立てのない楽しい時間を過ごして頂いて、少しでも心
が軽くなり、「生き抜いてみせる」という活力を持って頂くお手伝いが出来たら嬉しく
思います。

スポンサーリンク

お問い合わせ、ご予約

こちらは女性限定になります。

千葉県船橋市のカフェでゆっくりお話を伺います。

詳しい場所、時間、料金等はお問合せ頂いたらおって詳細をご連絡いたします。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ先は

Twitter DM   @naocostyle111

Mail ADD.   naoco.cocoro@gmail.com

のいずれかまで。

カフェ
タイトルとURLをコピーしました