ドッグフードの選び方・お勧め【アレルギー・尿路結石で悩んだら】

エサを与える ペット

こんにちは、naocoです。
私は子供のころからずっと犬を飼っています。
今現在は、ヨークシャーテリア2匹とともに生活しています。
今まで様々な犬種を飼育し、様々なドッグフードを使ってきました。
どのような基準で選んでいるか、またお勧めのドッグフードについて紹介します。

スポンサーリンク

ドッグフード難民だった過去

最近は海外から様々な良質なドッグフードが入ってきますが、昔は本当に種類も少なく
今考えてみたら、添加物たっぷりな色合いのものばかりだったとゾッとします。
20数年くらい前になると思いますが、動物病院にて推奨のドッグフードが販売され始め
大手2社の製品が販路を拡大していました。それまでのペットショップで購入可能な商品
に比べて確実にレベルが上がったことを実感した時期でした。

しかし、何故かこのレベルのドッグフードは5年くらい食べさせ続けると皮膚のアレルギ
ーが出てしまい、もう一方の会社の商品に乗り換えて一旦アレルギーは軽減するのです
が、やっぱりまた5年経つと同じ様に皮膚アレルギーが出現してきます。
10歳過ぎの老年期に入った頃で、困り果て手作り食にすることが多かったのです。

しかし時は流れ、特にここ5年ほどは、より良質なドッグフードが海外より多く輸入され
てくるようになりました。
動物病院でも独自色が強い様々なドッグフードが販売されるようになりました。
そうなってくると、もう何を選んでよいのかさっぱり分からなくなります。
病気をする度にフードが合わない可能性を考えてフードの選び直しをし、さしずめドッグ
フード難民と化していました。
それぞれ様々な特徴があり、セールストークがあると思いますが、とにかく実際に長期間
そのフードを食べさせている飼い主さんの生の声が聞きたかったです。

私の経験を一例としてお伝え出来ればと思います。

スポンサーリンク

アレルギー・尿路結石とドッグフード

まず、最初にフードが合わなくなったと感じるのは皮膚アレルギーの出現によって気付く
のですが、そもそも犬の食物アレルギーとはどういうものかおさらいしますと、

アレルギーとは? 
人間と同様で、体の中にアレルギー用の容器があると仮定してアレルギー物質を
ため込んでいってあふれた時にアレルギーが発症するイメージで基本的にタンパ
ク質に対して反応する   
症状       
皮膚の痒み、発疹、脱毛が主で、他にも鼻炎、目の炎症、腸炎など
アレルゲン    
肉類(牛、鶏、ラム)、卵、 乳製品、 穀類(大豆、トウモロコシ)、油脂類、添加物

アレルギーが発症したと思われたら、動物病院でアレルゲンの検査を受けることが出来ま
す。ちなみに検査費用は三万円ほどかかると思います。お高い検査ですが、問題解決すれ
ば良いのですが、今まで4人の獣医さんにお話を伺いましたが異口同音の結果でした。
例えば極端に鶏肉に反応があれば鶏肉を排除すればいいのですが、大抵の場合色々な項目
で少しずつ引っかかってくるのですっきりと判別することはほぼ不可能に近く、また、例
えば2年後にもう一度検査すると全く違った結果が出てしまい、翻弄されてしまうことも
あるので、あまりお勧めしないという事でした。

一番確実な方法は人間と同じで食物除去試験です。

方法は、上のアレルゲンの項目を参考に、これでは?と思われるものに目星をつけて、2
週間その項目の含まれないフードに切り替え、アレルギー症状が軽減したかを確かめる方
法です。しかし、この方法もドッグフードには色々なものが入っているため、その成分だ
けを排除するということは難しく、現実的ではないと思います。

私の経験では、肉類に反応することは意外にも少なく、多くは穀物か油脂だったのではな
いかなと、考えていました。獣医さんも、これには賛同されていました。

アレルギーが出現したフードは触れると油でお皿や手がギトギトとしていたのです。
酸化を防止をするための製法のようですが、体に良いわけはないなと判断しました。

また、穀類も近年人間の間でもグルテンフリーが、犬の世界でもグレインフリーが
話題になっています。可能性は大きいと思います。

実は他にも、尿路結石も同時に併発した為、結石の療養食を提案されたのですが、皮膚ア
レルギーを発症したメーカーの物だったので、お断りさせていただいて自分でフードを選
び、ネットでリトマス試験紙を購入してpHを測定して様子を見ることにしました。ちなみ
に結石の場合は一度にたくさんの食事を摂るとpHがアルカリ化しやすいため、食事は朝夕
の2回から朝昼夕の3回に小分けして与えるようになりました。

ドッグフード選び

そうして必死なドッグフード選びが始まりました。
選ぶ際重視したことをあげていきます。

1、どこの国の物を選ぶか
人間が食べるものはなるべく地産地消を目指し国産のものを選ぶようにしていますが、ペ
ットに関して言えばまだまだ日本はペット後進国と言わざるをえない状況で、法整備もヨ
ーロッパの様に整っていません。よって、ペット先進国のイギリスかカナダの製品から選
ぶことにしました。

2、獣医師開発という文言について
よく獣医師が開発という文言でセールスされているドッグフードがありますが、そもそも
余程のものでない限り、開発の段階で動物の専門家が関与しているはずでありますからこ
の点は除外しました。

3原材料について

特に肉類は生肉を使用している事を重視しました。粗悪品は肉と言っても人間加工肉の残
りの骨や皮、内臓などを加工処理したあと粉砕して肉粉にしたようなおおよそ肉とは呼べ
ないような肉副産物を利用しているものもあります。
また、原材料は材料が多い順に記載されています。肉以外の物がトップに記載されていた
ら犬の食性に合うとは思えません。

4、グレインフリー(穀類不使用)

食物アレルギーを起こしやすい穀類を使用していないものを選びました。
代用にサツマイモやジャガイモを使用しているものが良いです。

5、購入経路

やはり購入経路がスムーズでなければ続きません。ネットで迅速に対応してくれる事が理
想でした。

6、食いつき

ここが重要で、食べてくれなければどうにもなりません。喜んで食べてくれる食いついの
良いフードであることは絶対条件です。

ドッグフード

やっと出会えた理想的なドッグフード

上記の点を考慮の結果、以下の2種類のドッグフードに行きつきました。
同じ物をずっとあげ続けるリスクを回避するため、ラムのアランズとチキンのカナガンを
交互に与えています。

アランズ
原材料が自然素材の9種類のみ
ラム肉40%
グレインフリーでサツマイモ使用
着色料、香料不使用

カナガン
人間が食べられる原材料を使用
チキンの生肉50%以上
グレインフリーでサツマイモ使用
着色料、香料不使用

なお、こちらの2種類の製品ですがレティシアンという会社で取り扱っていて、上記リン
クからネット販売していて、一緒に同包購入することが出来ます。
定期コースを選択すると、自分で何週おきにいくつ買うかを設定できます。
一万円以上で送料・手数料無料
合計金額ごとに最大20%の割引が適応
私は2匹分で
12週間ごとにアランズ2袋カナガン1袋(15%割引・送料無料)を注文しています。

5年続けた結果、現在の健康状態

どちらの製品も2匹とも喜んで食べ、食い飽きすることもありません。
アレルギーの皮膚炎ですが見事に治まり、以後再発していません。
結石については、3か月ほど日に3回pHテストしていましたが、基準値を超えることは
ありませんでした。こちらも再発していません。今後も変化があったらお知らせしますが、
すこぶる健康に過ごしていますので、安心してお勧めしたいと思います。

ちなみに、行きつけの獣医さんにもお勧めしてきました(笑)

ペット
スポンサーリンク
naoco-style
タイトルとURLをコピーしました