乳がん手術と入院期中の出来事【手術翌日~退院】

入院点滴 乳がん

こんにちは、naocoです。
さて、無事に手術も終わり
(詳しくは乳がん手術と入院期間中の出来事【入院初日~手術直後】から)
術後HCU(高度治療室)では朝になるまで2度ほど軽く目を覚ましましたが、まぶたはなん
とも重たく何分と起きていられずすぐに再び眠りに落ちるという夜を過ごしました。

朝起床からの入院生活を振り返ります。

スポンサーリンク

手術翌日

HCUで朝ぱっちりと目が覚めました。
痛み止めの点滴の効果か、胸の痛みは必要以上に酷く感じるということはありませんでし
た。
朝7時過ぎ頃になると、尿道カテーテルと点滴が外されました。
8時ごろベッドの電動リクライニングで座位になり、朝食のおかゆが配膳されました。や
はり動くと胸に痛みがあります。
食欲はありませんでしたが、頑張って半分ほど頂きました。
9時頃になると、病室担当の看護師さんが来てICU前の廊下を往復20mほど歩行訓練す
るとのことでした。胸に鉄板でも入っているかのように自由な動きは出来ず、痛みも伴う
為ベッドから降りるのが恐る恐るで慎重になりますが、足が地につけばフラフラすること
もなく普通に歩くことが出来ました。この歩行結果の確認をもって病室に戻る許可がおり
ました。
やはり、自分の病室は落ち着きます。
すぐに再び点滴をセットされて、しばらく休んでいました。
私は腋窩リンパ節郭清をしているので、創部に浸潤するリンパ液や血液を体外に排出する
為のドレーンが創部下に二本差し込まれていて、ポシェットの様なビニールに溜まるよう
になっています。先ほどの歩行訓練の時にはほんのわずか滲む程度に溜まっていただけの
ものが、ふと気づくとビニールがずっしりと重くなるほど排出液が溜まり、このペースで
いくと溢れるのでは、と心配になりました。

ちょうどそのタイミングで歩行訓練をして下さった看護師さんが様子を見に来て下さった
為、「これ、溢れませんか?」と聞いてみたところ、やはり短時間で急に排出量が増えた
からでしょうか、アレッ?という表情で「動いたら急に増えちゃいましたね。ちょっと量
が多いので先生を呼んできます」とのことでした。
ほどなく担当医がお見えになって「ちょっと多いね、すぐ止まると思うけど」と話してい
る途中で、執刀医でもある主治医が思いがけず登場しました。クリニックの午前診療終了
後のお昼休憩の合間を見てきて下さったというのです。

「ちょっと気になったから覗きに来たけど、やっぱり来てみて良かった」と仰って、胸帯
を広げて、術部にかませていたタオルをもう2枚ほど追加して手際よくあてがい、力を込
めて再び締め付けました。落ち着くまで、緩んだら締め直し、きつめの圧迫を維持する
ように指示され、再びハヤテのごとく帰って行かれました。

なんというタイミング、不安も一気に吹き飛びました。
担当医も「こんな絶妙なタイミングで来てくれるなんて。順調に回復する患者さんはこう
いうハプニングの時に運を持っているんだよね。良かったね。」と仰って下さいました。
不安の払拭だけでなく勇気も湧いてきました。
医療スタッフ全ての皆さんに深く感謝の思いでいっぱいになりました。

ほどなくして、排出量が落ち着きました。

スポンサーリンク

手術後2日目~退院

ドレーンは排出量が一定以下になれば外され、シャワーを浴びたり、退院も早まったり
するはずなのですが、手術翌日のような急激な排出量の増加は無いものの、減る兆しが
一向にありません。3日目、4日目と日を追うごとに焦りに変わります。
しかし、抗がん剤治療の際も一筋縄ではいかなかった経験をしているため、時間をかける
しかない、と頭では分かっていました。
そんな中、主治医は毎日、クリニックの診療の合間や終了後、休みの日も必ず顔を出して
下さいました。一度は本気で疲れを心配して「先生、一体いつ休んでいるんですか?私は
大丈夫ですので、ゆっくり休んでください」と懇願したほどでした。本当に有難い限りで
す。

胸の痛みは薬でコントロールされていますが、痛みよりも胸に厚い鉄板が入っているよ
うな感じが不快で、腕も固まったように全く動かせません。
ドレーンの排出量が少ないようであれば、腕のリハビリを軽く行いたいところですが、ち
ょっと動きが増えるとそれに伴いドレーンの量が増えてしまうため、とにかく動かさない
ように指示されていました。リハビリの遅れも心配でした。

入院中は本当に看護師さんたちに仲良くして頂きました。
合間合間で顔を出して下さり、ちょっとおしゃべりに付き合って頂きました。

「実は先日叔母が乳がんになって、一緒にウイッグを選びに行って・・・」と話して下さ
る方もいましたし、
夜勤専門の年上の看護師さんで、「実は今自分も乳がんグレーソーンで経過観察している
のだけど、怖くてもう検査行くのやめようかと思っていたの。でもあなたが抗がん剤もや
って術後すぐで、こんなに明るくしてるのに驚いたし、自分ももしクロでも頑張ろうって
思えた。やっぱり検査に行ってくるね。」と言って下さいました。

看護師さんでも、病を前にしたら不安に怯える同じ一患者です。本当に出会えて良かった。
私も乳がんであることが分かった時、不安な中サバイバーの方の元気な姿にほっとして嬉
しさで泣き崩れたほどでしたので、その気持ちは痛いほどわかりました。

しかし、こんな短期間の内にお二人からそんな話を聞くとは、本当に乳がんは身近な病な
んだと、実感しました。

術後8日目、入院初日から12日目の朝やっとドレーンが抜け、そのまま退院となりました。

医師と看護師

乳がん
スポンサーリンク
naoco-style
タイトルとURLをコピーしました