入院準備と持っていって良かったもの

入院 乳がん

こんにちは、naocoです。
入院は10日~2週間ほどではないかと言われていました。術後の回復力の個人差で日数が
変わってくるということです。
入院準備に際して、病院側から持参するものリストが配布されました。
洗面、寝巻き、シャンプー、ボディーソープ、院内の履物、はおりもの、ティッシュペー
パー等と、とても簡単な案内でした。入院することが初めてでしたので、色々調べた記憶
があります。

実際に入院してみて、持って行って便利で良かった物を振り返ります。

スポンサーリンク

入院に際し準備したもの

・キャリーバック まず持ち物を入れるカバンですが、キャリーバック必須です。行きは
キャスターがついていなくてもなんてことが無いのですが、術後は痛みで上半身がうまく
動かせません。コロコロのありがたみが身に沁みます。

・寝巻き 私は寝巻きとタオルのセットをレンタルしました。

・タオル類 タオルもレンタルしてありましたが、枕に巻いたり、身の回りに置いておく
のは持参したものの方が気分が落ち着くだろうと思いバスタオル3枚とタオル5枚を持参
しました。

・院内履物 クロックスを持参しました。術後、軽い歩行訓練などもありますので滑らな
いもので、術後はヒモを結んだりすることが出来ませんから、サッと履けるサンダルタイ
プがお勧めです。

・衣服 私は夏の入院でしたがそれはそれで冷房の効きすぎで寒く感じることもあるので
、はおりものは必要です。また、退院時の洋服ですが、術後は腕が上がりませんから、前
あきのざっくり目の脱ぎ着しやすい服の用意が必要です。Tシャツなどはしばらくは着る
事が出来ませんので注意です。

・下着 パンツは脱ぎ着が楽な素材の物を。術後お手洗いで片手で下着を脱ぎ着するのは
こんなに大変なことかと思い知ります。間違ってもサポートタイプなどはいけません。
ブラジャーに関しては、術後、退院時もずっと胸帯を付けていますので、必要ありません
でした。用意するとしても、この瞬間から前あき、ワイヤー無しタイプのブラが必需品に
なります。

・シャンプー 術前化学療法で脱毛していますので、必要ない場合も。私は抗がん剤投与
三か月後から発毛し始めたため、入院時スポーツ刈りくらいの長さに伸びていましたので
持参しましたが、退院前に2度ほど簡単に洗髪出来ただけでした。

・ボディーソープ 私はリンパ節郭清を行ったためドレーンを装着していましたが、排出
量がなかなか減らず、結局退院するまでシャワーの許可がおりず清拭でした。

・ハンドソープ よく使いました。

・歯磨きセット 

・トイレの消臭スプレー 私は個室だったのですが、お手洗い、洗面、お風呂がユニット
バスのタイプでしたので、あってよかったです。(人並み以上に匂いに敏感ということもあ
りますが)

・ファブリーズ 香り控えめか、無香料のものを。

・ティッシュ 1箱

・ウェットティッシュ 1ケース 台をちょっとふいたりするなどよく使います。

・トイレに流せるお尻拭きシート お風呂に入れませんから、こまめに拭くとサッパリします。

・携帯電話の充電器

・イヤホン 

・レンタルWi-Fi  私の病院ではWiーFi環境が無かった為、使用確認の上持参すると便利です。

・フタ、ストロー付きのプラスチックコップ 飲み物はいっぺんに飲みきれませんので衛生的です。

・割りばし、プラスチックのスプーン、フォーク 使い捨てタイプが便利です。

・お菓子類 乳がんは食事制限がありません。おやつの時間にちょっとつまんでいました。

・ミネラルウォーター 1.5L×日にち分 私は2ケース(12本)持ち込みました。

・水に溶ける顆粒のお茶、水で薄めるタイプのポーションタイプのコーヒ ちょっと一息出来ます。

・にんじんジュース 病院食は生野菜や果物が出ませんので結果これが一番美味しかったです。

看護師
乳がん
スポンサーリンク
naoco-style
タイトルとURLをコピーしました