わたしHSPです。特徴と対策【もしかしてあなたも?HSP診断】

星の子 HSP

こんにちは、naocoです。
私はHSP( Highly sensitive person)です。生まれ持った気質でいわゆる敏感さんです。
このHSPは、1996年アメリカの心理学者エレイン・N・アーロン博士が提唱した
心理学的な概念です。
著書の『ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。』は全世界で大ベスト
セラーになりました。
HSPに生まれつくと本当に生きづらいです。が、全人口の15%~20%がこの気質
を持っているということです。
その特徴と、折り合いをつけながら楽しく生きるための対策について書いていきたいと
思います。以下は現在発売されている日本語の改訳版です。

スポンサーリンク

敏感な人生

アンバランスな子ども時代

物心ついた時から敏感でした。
大人しいタイプの子供であれば“気弱で繊細な性格ね”と気遣われもう少し楽だったかも
しれませんが、私はとても活発な子どもでした。しかも親が「細かいことはいちいち気
にするな!」という豪快な教育方針だったためか、物事に敏感に反応し怯えたり不安に
なることはイケナイことだと思っていて、表に出さないように心がけていたような気が
します。
そうは思っていても、その高い共感能力は特に周りの大人の本心を読み取ってしまい、例
えば「この人笑ってるけど、本当は嫌な気持ちになっている」と感じ取り悲しくなった
り、「先生は今本当はこうして欲しいと思っている」などと気持ちを先読みしてそれを叶
えようとしたり、と常にアンテナを張りめぐらせ気疲れしていました。
活発な性格と敏感な感覚のアンバランスに翻弄された子供時代でした。

HSPの特徴

HSPは病気ではないので、すべての方が全く同じ特徴とは限りませんが傾向があるよう
です。アーロン博士の提唱するDOES(頭文字をとって)の項目ごとに私の感じたこと
を述べていきます。

情報処理の深さ(Depth of processing)

イメージでいうと、常に脳がフル回転といった状態です。
人が1の事をいうと、10にも100にもしてその言葉の本質が持つ可能性を考え続け、
嘘やお世辞を見抜きます。
大量に情報を仕入れ処理し続けるため、車の運転など景色の変わるものは特に疲れます。
新しいことを始めることや、複数人での会話も、情報処理量が多いため消耗が激しく苦手
です。情報処理能力が体力の限界をむかえるとフリーズします。

刺激を受けやすく疲れやすい(Overstimulation)

人ごみが苦手で、人酔いします。
人のちょっとした言葉に傷つき引きずります。また、強い指摘を受けると、自分の情報
処理のどこに誤りがあったのかと考えフリーズして、たとえ自分が間違っていない事であ
っても、瞬時に言い返すことが出来ません。
どんなに仲の良い友人と会って楽しい時間を過ごしたとしても、帰宅後、寝込むレベルで
疲れます。
芸術、音楽、映画などの芸術作品が好きで、膝から崩れ落ちるほど感動して泣くことがあります。

強すぎる共感力(Emotional response and empathy)

人が今何を思っているのか、その人のかもし出す雰囲気だけで分かります。
特に不機嫌な人がいると気になってしょうがなく悲しい気持ちになります。
また逆に怒られている人がいると我が身に起こったことのごとく傷つきます。
とにかく人に振り回されて疲れます。
植物や動物の気持ちを察することが出来ます。

感覚の鋭さ(Sensitivity to subtleties)

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、の五感全てが鋭いです。
特に匂いには敏感で、苦手な臭いで体調不良をおこします。
また、カフェインや化学調味料なども具合が悪くなるため苦手です。
薬や化学物質、金属などに過敏に反応し、アレルギー症状などを引き起こしやすいです。
五感のみならず第六感が鋭く、直感が冴えてよく当たります。

わたしは、HSP?

実は私が自分のことをHSPだと気づいたのは、ほんの1、2年前です。
武田友紀さん著の「繊細さんの本」が発売され、ネットで話題になっていたのがきっかけ
でした。早速購入して読んでみると、まるで自分のことが書かれている感覚になりました。
超入門編という感じで、サラッと読めますので自分もそうなのでは?と思われている方に
お勧めです。

スポンサーリンク

HSP診断

今すぐHSPかどうか知りたいという方のためにも便利なサイトがありましたので、是非一
度お試しになってみてはいかがでしょうか。私も早速やってみたところ・・・

HSP診断テストhttps://hsptest.jp/

HSP診断
naocoの診断結果

私の診断結果です。
はい、予想通りの結果です。満点に近いスコア132でHSP度【強】でした。
ここまで突き抜けているとむしろ清々しい気持ちです。

HSPとうまく付き合っていくには(対策)

私がなぜ生きづらさを感じて生きてきたかというと、まずは自分がHSPであるというこ
を知らなかった事が大きいと思います。
なぜこんなに繊細なのか、なぜこんなに疲れるのかと答えが見つからず、自分の人間性に
問題があるのではないかとさえ考えていました。
自己肯定感が低いHSPの気質と、人口の15~20%の少数派であるということが輪を
かけたと思います。
自分がHSPだと分かってから本当に楽になりました。やっと本当の自分になれた心地で
す。何よりも気質を理解し、対策を立てることが出来ます。

実際私が実践している対策を述べていきます。

情報量の調整

まずテレビを観なくなりました。暗いニュースや暴力的なシーンを予期せず目に入れてし
まう可能性があるからです。
実はSNSも問題です。
まずTwitterですが、不特定多数の人がつぶやきを発信しTL(タイムライン)に絶え間な
く流れ続ける状況は明らかに情報過多です。自分も経験してみてあまり向いてないのでは
?ということがわかりました。
しかしHSPが認知され始めた昨今TwitterでHSPのフォロワーさんのコミュニティの中
に入ってみると、言葉が少なくともお互いの気持ちが驚くほどよく分かり、相談にも乗り
あえますし、何よりも強い言葉を発する人が誰一人としていない平和で居心地の良いコミ
ュニティになります。よって使い方次第かもしれません。
LINEですが、仲の良い人とのメールやLINEのやりとりは問題なくできます。
ただ、人数の多いグループLINEになるとTwitterと同じ現象が起きると思います。
逆にブログなどのコツコツとした一人作業はとても向いていると思います。

環境づくり

競争が苦手ですので、競争を必要とする環境に身を置かないようにしています。
例えばジョギングが好きで、毎日のように外やジムで走ったりしているのですが、マラソ
ン大会に参加することは決してありません。競争がストレスになるのです。そういえば、
運動神経は悪い方ではないのですが、子供の頃は運動会が大嫌いでした。
五感を休ませることが出来る心地のよいくつろげる環境作りはとても大事にしています。
自室を雑然とさせないように、いい香りで過ごせるように工夫しています。
また、群れることが苦手な一匹狼タイプですので、一人の時間を多くもつことも心がけて
います。

HSPで生きていくこと(まとめ)

HSPは気質であり、病気ではありません。
自分の特性をきちんと理解し、また社会での認知も一層進めばいいなと思います。
工夫次第で快適に生きていくこともできますし、非HSPの人たちより優れている点もあ
るのです。長所を伸ばす方向で個性を発揮出来るように思考を変えていく必要があると思います。

HSP
スポンサーリンク
naoco-style
タイトルとURLをコピーしました