乳がん術後のリンパ浮腫に気を付けよう

重い荷物 乳がん

こんにちは、naocoです。
手術では腋窩リンパ節郭清をしています。
この手術の後遺症として怖いのがリンパ浮腫ですよね。
一度発症して重症化してしまったら、完治出来ないのが恐ろしい・・・。
とにかく予防に予防を重ねて発症を防ぐしか手立てはありません。
一生涯気を付けなければならないことなので、詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

リンパ浮腫とは

リンパ節切除やセンチネルリンパ節生検、放射線治療、化学療法などによって、リンパの
停滞が起こり流れが悪くなることでおこるむくみです。乳がんで腋窩リンパ節郭清をした
人の10%から20%位に発症すると言われています。
浮腫の発生時期は人それぞれで、術後すぐに発症する人もいれば、10年以上経ってから
発症する人もいると言います。進行しやすく重症化すると完治が困難な難治性の病です
が、早期発見により重症化を防ぐことが可能です。

リンパ浮腫の症状

初期症状⇒だるさ、重さ、疲れやすさ、違和感、自覚症状がない場合も
中期症状⇒痛みなどの感覚異常、圧迫感、手首の柔軟性及び握力の低下、腕が太くなった感覚
重症状 ⇒手指の細かな動きが不自由になる、皮膚の乾燥・硬化、痛み、しびれ

浮腫の起きやすい場所

リンパ節郭清を行った患側の

・上腕(ひじから上)、前腕(ひじから先)の内側
・後腋部(背中側・肩甲骨の上、肩の下周辺)

ということですが、とても納得がいきます。術後知覚が鈍化している場所に該当します。

スポンサーリンク

予防策

1重いものを持たない。カートを使う。
これは基本ですね、常に意識しておかないと買い物の時とか、“つい”やりがちです。

2就寝時、体の脇に枕やクッションなどを置き、腕が10cm程度高くなるようにする。
私も実行しています。高くするのを忘れたり、逆に額の上に腕を置く、高く上げすぎる
ポーズで寝たりすると、夜中に腕がだるくなったり、しびれたりして目が覚めます。

3肥満に注意する
脂肪がリンパ管を圧迫してリンパの流れが停滞しやすい。
がんの為にも、リンパの為にも、肥満は大敵だということですね。

4ケガ、ヤケド、虫刺されなどに注意する
細菌感染により蜂窩織炎(ほうかしきえん)という合併症が生じやすくなり、
それをきっかけにリンパ浮腫を発症することもあるということです。
ムダ毛処理はカミソリはやめてシェーバーに変えたり、土いじりも細心の注意が必要です。
私はガーデニングをやめました(泣)

5スキンケアで保湿を心がける
クリームなどを塗り保湿に心がける。潤いは皮膚の炎症を抑えガードする役割があります。

6自己流のマッサージは厳禁
ついやってしまいたくなりそうですが、かえって悪影響を及ぼす可能性があるので厳禁です。

6腕の太さを計っておく
手、手首、ひじ下、ひじ上、腕の付け根などを計測。
一か所でも5mm~10mm以上増えていたら、主治医にご相談を!

7適度に腕を使う
過度なトレーニングは禁物ですが、日常生活の中で適度に動かすことを心がける。
また、同じ姿勢(腕を上げすぎ、下げすぎ)を避ける。

症状が出てしまったら

いち早く主治医に相談を!進行性ですから、早期に対処しておくことが肝要です。

また赤い斑点が出来る、38℃以上の熱が出るなどの症状があれば感染症である蜂窩織炎
の可能性があります。蜂窩織炎も一度発症すると繰り返すことが多いので注意が必要です。
重症化すると、皮膚組織が死滅し命にかかわる病気を引き起こす可能性もあるので、迅速
に医療機関を受診しましょう。

病院での治療

病院では、以下の処置が施されます。

保存的治療
・医療リンパドレナージ(マッサージ)
・医療用スリーブやグローブなどの圧迫療法
・圧迫下での運動療法

外科手術
劇的に改善する見込みは低く、完治はのぞめません。
一にも二にも普段の生活で腕を酷使しないように気を付け、
発症を予防することが得策であると思われます。気を付けましょう!!

乳がん
スポンサーリンク
naoco-style
タイトルとURLをコピーしました