臼井式レイキとは~レイキの歴史~

ヒーリング サロン

こんにちは、naocoです。

モーブfleurでは、各サロンメニューに必ず短時間でも「レイキ」の施術を加えています。
それは、私が「良い」と自信を持ってお勧めできる施術だからです。
体を流れる「気」を調整して、健康な体作りのお手伝いができたらと思います。

目に見えないものだから、理解出来ない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、短時間でもレイキを浴びる事により実感として「気」を感じて頂けると思います。
せっかくですので、この機会に日本伝統の靈氣を知って頂けたらと思います。
まず、今日は靈氣の歴史からお伝えしていきます。

靈氣(レイキ)は崇高な「宇宙エネルギー」の事です。
靈氣という言葉は古来から日本にあり、中国で言うところの“気”、インドの“プラー
ナ”、ハワイの“マナ”を表す言葉です。

1922年、臼井甕男氏(うすいみかお/1865~1926/岐阜県出身)
が京都の鞍馬山にて断食、瞑想の修業中悟りを開き、靈氣による治療能力を体得されまし
た。
臼井式レイキ法と名づけ、青山に『臼井霊気療法学会』を創設し、関東大震災で多くの人
々を救済されるなどしました。

その後臼井氏より伝授を受けた林忠次郎氏、林氏から伝授を受けたハワイ日系二世の
高田はわよさんへと伝わり、ハワイでの師範養成が開始されました。

日本国内では第二次世界大戦により多くのレイキ関係者が死亡し、ほとんどの関係書類が
焼失したことから自然消滅的に影を潜めました。

海外で発展し、流れを汲む『西洋レイキ』が1987年頃から日本へ逆輸入され普及し始
めます。

現在、全世界には1000万人以上のレイキ愛好者が存在しており、欧米ではレイキ療法
が大学や医療の現場で活用されています。
英国では健康保険が適用されたり、レイキクリニックを持つ国も多数存在しています。

尚、日本国内には現在15万人のレイキ実践者がいると言われています。

宇宙のきらめき


タイトルとURLをコピーしました